法人紹介

社会福祉法人すかい

栃木県日光市足尾町は、江戸時代より銅山で栄えてきましたが、長年にわたって鉱毒問題が発生し、
1973年(昭和48年)に銅山は閉山となりました。閉山により人口が激減してしまった足尾町の過疎化対策として、
当時足尾町の議員だった初代理事長が、”福祉”による町の活性化を構想。足尾町のバックアップを受け、
社会福祉法人すかいが誕生しました。

その後、同じく日光市にある鬼怒川地区や、東京都荒川区にも事業所を展開。
「笑顔かがやいて」の法人理念のもと、障害者と高齢者の生活を総合的にサポートしています。
それぞれの地域の皆様との関係性を大切にしながら、利用者様の「今」と「未来」に真剣に向きあい、
お1人おひとりに寄り添った支援を行っています。
※「すかい」の名は、日光市足尾町の最高峰「皇海山(すかいさん)」より名づけられました。

法人概要

法人名 社会福祉法人すかい
代表者 理事長 神内 昭一
本部所在地 〒321-1511 栃木県日光市足尾町2084番地
TEL.0288-93-2003 FAX.0288-93-2236
設立 昭和59年12月12日
職員数 211名(平成29年4月1日現在)

法人運営組織

組織図

組織図を拡大

沿革

銅山として栄えてきた足尾町の閉山後の過疎対策のひとつとして、「福祉コンビネーション」構想が計画され、皇海荘および第二皇海荘の誘致が実現しました。 施設名は、足尾町の最高峰「皇海山」の名からとりました。

昭和58年 10月 施設誘致について足尾町から東京都へ要望書を提出
昭和59年 5月
11月
12月
社会福祉法人すかい設立発起人会(代表 太田貞祐氏選出)
社会福祉法人すかい設立許可(厚生大臣)
社会福祉法人すかい設立登記(理事長 太田貞祐)
法人設立記念日:昭和59年12月12日(法人設立記念日)
昭和60年 4月 知的障害者更生施設「皇海荘」開設(定員80人)
昭和61年 10月
12月
すかい後援会設立
職員宿舎完成
昭和62年 4月
4月
知的障害者更生施設「第二皇海荘」開設(定員80人)
第二皇海荘、職員宿舎竣工式
昭和63年 10月 作業訓練棟完成(日本船舶振興会様助成事業)
平成元年 11月 皇海荘、第二皇海荘スプリンクラー設備完成
平成3年 3月 福祉の店(ログハウス)完成
平成4年 5月 ログハウス「さくらの家」寄贈(喫茶談話室)
平成7年 11月
11月
地域交流ホーム「しらかば苑」完成(日本自転車振興会様助成事業)
創立10周年記念行事
平成10年 6月 プレハブ作業棟寄贈
平成11年 7月
8月
法人広報誌「笑顔かがやいて」新刊発行(年2回発行)
社会福祉法人すかい「サービス点検調整委員会」設置
両施設 施設サービス評価事業実施(自己評価、第三者評価)
両施設 サービス改善向上委員会設置
平成13年 8月 社会福祉法人すかい「苦情解決体制」発足
平成15年 3月 両施設 知的障害者更生施設の指定を受ける
両施設 知的障害者短期入所事業の指定を受ける
4月 措置費制度から支援費制度(利用契約制度)に移行
評議員会設置(定数23人)
サービス点検調整委員会を廃止し、その機能を苦情解決体制に統合
5月 第一回評議員会を開催
平成16年 7月
10月
短期入所事業の定員規模拡大(各施設4人⇒6人)
グループホームすかい寮開設(定員4人)
新理事長 神内昭一氏就任(同年9月太田理事長逝去)
12月 社会福祉法人すかいホームページ開設
両施設 福祉サービス第三者評価受審(以降、毎年実施)
平成17年 4月 経営改革に着手、外部のコンサルタント活用(東京都助成事業)
業務改善事業に着手(外部の専門家を招聘)
9月 グループホーム「やまぶき」開設(定員4人)
平成18年 4月
7月
10月
皇海荘に通所部開設(定員11人)
皇海荘大規模改修工事、拡張工事に着工
グループホーム「松原寮」開設(定員4人)
一体型ケアホーム・グループホームとして事業開始(定員13人)
12月 理事、評議員の定数変更
平成19年 4月
9月
10月
グループホーム「あかね寮」開設(定員6人)
皇海荘通所部廃止
就労支援事業所「すかい」開設(就労移行支援事業:定員12名、
就労継続支援事業B型:定員10名)
グループホーム「わかくさ寮」開設(定員6人)
平成20年 4月 グループホーム「すみれ寮」開設(定員6人)
就労支援事業所「すかい」定員変更
(就労移行支援事業:定員15名、就労継続支援事業B型:定員12名)
12月 集合型グループホーム・ケアホーム完成「すかい寮」とする(総定員45名)
平成21年 8月
9月
10月
就労作業所完成
第二皇海荘大規模修繕工事完成
皇海荘を新体系へ移行(定員76名を70名に)、障害者支援施設として運営開始
平成22年 3月
4月
就労支援事業所パン工房開設
第二皇海荘新体系へ移行(定員80名を70名に)「障害者支援施設」として運営開始
すかいを4事業所1管理部門に再編、障害者自立支援法に対応
平成23年 3月
10月
東京都荒川区内に障害者地域生活支援施設新築工事着手
就労支援事業所「すかい」定員変更
(就労移行支援事業定員6名 就労継続支援事業B型定員34名)
平成24年 4月 障がい者地域生活支援施設「スクラムあらかわ」開設
平成25年 4月
10月
作業所スカイ開設(就労継続支援事業A型 定員10名)
東京都地域移行促進コーディネート事業受託
平成26年 4月


5月
グループホーム「なでしこ」開設(定員5名)
相談支援事業所「すかい」開設
東京都地域移行促進コーディネート事業受託(2回目)
就労支援事業所「すかいきぬ川」開設(就労継続支援事業B型 定員10名)
平成27年 4月
5月
就労支援事業所「すかいきぬ川」定員変更(就労継続支援事業B型:定員20名)
就労支援事業所「すかい」定員変更
(就労移行支援事業:定員6名、就労継続支援事業B型:定員24名)
グループホーム「りんどう」開設(定員7名)
平成28年 4月

5月
就労支援事業所「すかい」定員変更
(生活介護事業:定員10名、就労継続支援事業B型:定員20名)
サービス付き高齢者向け住宅「すかいの郷こもれび」開設(定員20名)
交流ホーム「あおぞら」開設